歯科医院で受けられる主な治療

MENU

虫歯治療と最前線の治療法

虫歯の治療と聞くと嫌なイメージを持っている方、とても多くいらっしゃると思います。

 

虫歯を削るときに使用する器具の「キーン」という音と、
削っている最中に神経を触ったときのあのツンとした痛みがトラウマになってしまい、
歯科医院が嫌いになってしまう方が少なくありません。

 

その治療を受けるのが嫌で、よほどのトラブルが起こらない限りは
歯科医院に行かないようにしている方もいらっしゃることでしょう。

 

近頃は虫歯治療に関する考え方も変わってきています。
歯を一旦削ってしまうとそこから新しい歯が再生してくるわけではないため、
できる限り歯を削らずに虫歯を治療しようという考え方に変わってきています。

 

歯科医院によっては最新の治療法を取りいれているところもありますので、
その一部をご紹介していきます。

 

最新治療の一つがオゾン治療です。
虫歯は歯にバイキンが付着することによって、虫歯が進行してしまうため、
その原因となるバイキンを削り取ってこれ以上の進行を食い止めます。

 

削る治療の場合は、今後の虫歯進行のことを考慮してバイキンを完全に取り除くように、
健康な歯の部分まで削る必要があったのです。

 

オゾン治療では削る範囲を最小限にとどめられます。
オゾンには高い殺菌能力があるため、虫歯の原因菌を強力に殺菌してくれるのです。

 

そのため初期段階の虫歯ならほとんど削らずに治療することが可能となります。
またかなり進行してしまった虫歯でも、
虫歯になっている部分だけを削ればいいので健康な歯まで削る必要がないのです。
しかも削るときに痛みもほとんど感じないので、麻酔をしなくても治療が受けられます。

 

 

知覚過敏の原因と治療

甘いものや冷たい物を食べると歯がしみる、これは虫歯かもしれないと誰もが思うことでしょう。
その症状は必ずしも虫歯が原因とは限りません。

 

神経が過敏になったことでしみたり痛みが生じる知覚過敏が原因ということもあるのです。
実に成人の5人に1人の割合で知覚過敏が発生していると言われています。

 

知覚過敏の症状の特徴は、痛みの出方に差が出ることです。
ある日は痛みやしみを強く感じることがあるのですが、
別の日には全く痛みを感じなかったりします。
これが虫歯との決定的な違いです。

 

しかしながら自己判断するのは危険です。
虫歯になっていることも考えられますので、
その場合は早めに治療することが虫歯を重症化させないためには必要なことです。

 

もしもしみる、痛みの症状が見られたら
自分で判断せずに速やかに歯科医院を受診することをおすすめします。
西新宿で信頼されているこちらの歯科はインプラント等の先端治療を行っており、ただの知覚過敏といえど、こういった歯科を受診することがおすすめです。
知覚過敏の主な原因は、歯のエナメル質と歯茎の欠損です。
それによって歯の神経が外部にさらされやすくなってしまったことから、
敏感に反応するようになったからです。

 

歯や歯茎の欠損原因として考えられるのが、
ブラッシングが強すぎること、酸性の強い物を食べすぎることです。

 

歯は歯茎をきれいにするために歯を強く磨きすぎてしまう方がいらっしゃいますが、
強い力が加わると歯や歯茎が削れてしまいます。

 

歯科医院で行える治療としては、削れてしまった部分の歯を補てんすることです。
そのおかげで刺激から神経を守ってくれますので、知覚過敏の症状が緩和してきます。

更新履歴